1. ホーム
  2. ダイエット食品徹底比較ランキング
  3. ≫置き換えダイエット食品 無添加なのはコレ!

置き換えダイエット食品 無添加なのはコレ!

無添加のダイエット食品を選ぼう

キレイと健康のために行うダイエット。
ダイエット食品も余計なものを入れずに作られた、自然に近いものを選ぶことで、体に余分な負担をかけずに済みます。

置き換えダイエット食品を選ぶ際は「栄養バランス」と「安全性」は必ずチェックしたいポイントです。

食品添加物の危険性をおさらいしよう
tenkabutu3食品に使われる添加物の安全性については現在も様々な議論が飛び交っています。
アレルギーを誘発するとされるものや、中には発がん性や白血病などの危険が疑われるものもあります。

また、化学物質である食品添加物。「混ぜるな危険!」のものもありながら、人体への影響に関わるチェックは単体でしか行われていません。

1食品に含まれているのは微量であっても、「チリも積もれば山となる」ですから、加工食品を利用する際は添加物の少ないものや無添加のものを選ぶよう注意を向けてみましょう。

無添加で選ぶおすすめの「置き換えダイエット食品」

添加物をカットし、あえて砂糖を使用した「こだわり」シェイク
美容液ダイエットシェイク
5
価格初回 6,912円
メーカーヘルシーバンク
送料720円
定期購入あり
内容量14食分
美容液ダイエットシェイク

ほとんどのダイエットシェイクがカロリーの低い人工甘味料を使用しているのに対し、こちらはあえて砂糖を使用しています。
また、水と油をなじませる乳化剤も不使用のため少し粉っぽさが残りますが、毎日安心して続けられるダイエットシェイクです。

もちろん栄養バランスにも優れ、5大栄養素+食物繊維がしっかり入っているため、産後や病後の回復食としても利用できるほどです。
さらにコラーゲンや大豆イソフラボンといった女性の美容にうれしい成分も含まれています。

人工甘味料ではなくあえて砂糖を使っているために、ダイエット食品にありがちなケミカルな味ではなく自然においしく、味も7種類もあるため飽きずに続けられます。

また、おなかで膨らむこんにゃく由来の食物繊維「グルコマンナン」が入っているため、予想以上に腹持ち・満足感が感じられるのが特徴です。

美容液ダイエットシェイク 原料

美容液ダイエットシェイクの栄養素

優光泉
完全無添加 妊婦さんやお年寄りも安心◎
優光泉
3
価格7,992円
メーカーエリカ健康道場
送料
定期購入あり
内容量550ml×2本

野菜や果物など、自然のものだけで作られた完全無添加の酵素ドリンクです。
断食道場から生まれた優光泉は、コップ1杯でバケツ1杯分の野菜を摂ることができます。

シロップなどで薄められている酵素ドリンクも多い中、優光泉は砂糖やハチミツ、香料なども加えず作られた完全無添加。1麦芽糖による抽出で野菜が持つ自然の優しい甘さが体に染み込みます。

味は優しい甘さの「スタンダード」と、甘みを抑えた「梅」の2種類。
妊娠中や授乳中、お年寄りの栄養バランス補助食品としても利用される方の多い酵素ドリンクです。

優光泉

置き換えダイエットも理想は無添加

ダイエット食品に限らず、多くの加工食品には大抵なにかしらの添加物が含まれていますよね。
たとえば、いつもスーパーやコンビニで何気なく選んでいるお菓子にも添加物が含まれています。
しかし、これらの添加物は法律を守って使われている限り、危険ということはありません。大切なのはその量。どれだけの食品添加物を口にするか、が鍵ということです。
添加物は味を整えたり、長期保存を可能にするものばかりではなく、色や香りをつけて見た目をよくするためだけに添加されているものも多く、中には発がん性や神経への影響が不安なものもあるのだそうです!
しかし、日本で使われている食品添加物の種類は約1500種類!
健康的にダイエットを行うためにも「もしかして健康に悪いかも」という物質ができるだけ含まれていないものを選ぶことです。
専門的な知識がないとわからない、と思うかもしれませんが、1500種類の添加物を覚える必要はありません。
できれば避けたい添加物数種類を頭に入れておき、加工食品を購入前に原材料をチェックするクセをつけるようにしましょう。
とくに「カラメル色素」「タール系着色料(赤色2号などというもの)」「膨張剤(膨脹剤)」「人工甘味料」「加工でんぷん」、この5種類を頭の片隅に置いておいて、できれば入っていないものを選ぶようにしてみてくださいね。

カロリーが低い人工甘味料、でもダイエットには不向きの理由

砂糖よりもカロリーを抑えつつ、甘味の強い人工甘味料は、ダイエット飲料やダイエット食品に限らず、市販のお菓子などににも多く利用されてきました。
「カロリーゼロ」「カロリーオフ」「ノンシュガー」といったジュースやお菓子にはほぼすべてに人工甘味料が使われていますよね。
ダイエット中はカロリーは気になりますから、どうしても「何キロカロリーあるの?」という数字ばかりを気にしがちですよね。
でも、じつは人工甘味料が血糖値が上がってしまう原因となる、という研究結果がイスラエルの研究所から発表されたところです。
人工甘味料とは人工合成した「アスパルテーム」や「スクラロース」、そして自然界に存在している「キシリトール」や「トレハロース」、「ステビア」、「エリスリトール」などがあります。
このうち人工的に作られるサッカリン、スクラロース、アスパルテームを使ったマウス実験で腸内細菌を変化させて血糖値レベルを引き上げてしまうことがわかったのだそうです。
血糖値が上がるとインスリンが分泌されることで、一定に保とうとしますが、分泌量が多いと脂肪が作られます。
血糖値が一気に上昇することが肥満の原因となるのはそのため。「食べ順ダイエット」なんかが一時期流行しましたが、糖分の多いご飯ものを最後に食べることで、血糖値の上昇を緩やかにすることで太りにくくするというのは、理にかなっているというわけです。
さて、せっかくダイエットのためにカロリーの低い人工甘味料が入ったものを選んでいるのにやせなかったり、「カロリー0」のジュースを飲んでるのに太るというのは、このような体内作用が原因というわけなのですね。
また、アスパルテームやスクラロースなどの人工甘味料については、長年安全性の議論の的ともなっています。
ダイエット中に甘いものが食べたくなったら、その量で調節を。ダイエット食品もカロリーだけでなく、原材料をチェックすることで、効果に違いがでてきやすくなるかもしれませんね。