1. ホーム
  2. 年齢別・性別 おすすめ置き換えダイエット食品
  3. ≫男性の置き換えダイエット選びの掟 | ●●重視のダイエット食品

男性の置き換えダイエット選びの掟 | ●●重視のダイエット食品

男性だって「美ボディ」がいい!だからこそ「栄養重視」

若いころは痩せていた、という人も年齢とともにお腹がぽっこり、ファスナーが締まりにくい、となりやすいのが男性肥満の特徴です。
女性はヒップや太ももなどに皮下脂肪がつきやすいのに対し、男性の肥満は内臓の周りに脂肪がつく「内臓脂肪型」、別名「リンゴ型肥満」が多いのが特徴です。
皮下脂肪に比べ、内臓脂肪はメタボリックシンドロームの原因となり、重篤な疾患の原因になりやすいという特徴がある反面、ダイエットの結果がでやすい脂肪でもあります。

ダイエットというと「食べる量を減らすこと」と勘違いされがちですが、健康的に理想体重に持っていき、それをキープするためにはそれだけでは不十分です。
食事の量が減れば摂取カロリーが減りますが、同時にカロリーのない栄養素(ビタミン・ミネラル・食物繊維など)の摂取量まで減ってしまうことになります。
ビタミンやミネラルは糖質や脂質を燃やす働きを持つため、これらが不足すれば「我慢している割に痩せない」「代謝が下がりリバウンドしやすい」ということになりやすくなります。
また、タンパク質はカロリーがある栄養素ではあるものの、筋肉や皮膚、頭髪、骨、爪などの原料となります。
これらの栄養素をバランスよく摂りつつカロリーを減らすためには、「1食抜く」だけでは不十分ということになります。

ダイエット食品は、不足しがちな栄養素を補いながらカロリーをカットするように計算されて作られているものさせ選べば、ダイエットの効率化になります。
夕飯が遅くなってしまった場合でも、カロリーは押さえつつも必要な栄養素が摂れるダイエット食品は重宝します。